スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海水魚飼育を振りかえって 

最近、スミレヤッコとかシマヤッコの検索が増えてます。
また、マスコミ等にでも取り上げられたのでしょうか?
気になるのは、「スミレヤッコ 混泳」とか、「スミレヤッコ シマヤッコ」というキーワードが多いことです。

自分も一時期混泳やペア化に力を入れてきたのですが、やはり海水魚は一部の魚を除いて単独飼育が望ましいと思います。
海水魚のほとんどがワイルド(野生)なので、水槽と言う限られたスペースではやはり無理があります。

雑誌や一般の方のブログなんかで綺麗に混泳している画像を見るとあこがれる気持ちはわかりますが、ほとんどが短期間で失敗します。
過密混泳で1年維持した方なんて、ほとんどいないと思います。ごく稀に成功している方もいるかもしれませんが、相当なパワーを注いでいるんだと思います。

あと、サンゴと一緒に飼育と言うのも、慎重に種類と数を選ばないとダメです、基本的に薬が使えないので、病気をすると死亡率が高いです。販売している固体の状態も昔に比べると格段によくなりましたが、それでも導入直後は注意が必要です。年単位で飼育できている個体なら病気の発生確率は低いのでしょうが、それでも安心は出来ません。

水質を維持できるレベルのキーパーなら、スミレやシマの単独飼育はそう難しくありません。
華やかな水槽はそりゃいいのでしょうけど、私は見ていて疲れます。その点単独飼育はのんびりした感じがとても好きです。
7年飼育したスミレは、チョット気性は荒かったですが、とてもなついていて可愛かったです。

基本的に無理がある過密飼育より、ゆったりのんびりと長期飼育を目指してはいかがでしょうか?





スポンサーサイト
[ 2015/08/01 10:03 ] スミレヤッコ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。