スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

銅イオン 二十八日目 

銅イオン濃度が低下していたので、0.3ppmを維持するように調整。
そろそろ銅を止めるか、2ヶ月維持するか迷ってます。

チョウハンは、一昨日入れた2個目のアサリを完食(^o^)。
さらに1個入れました。
しばらくアサリを与えて栄養を付けます。
徐々に人口餌にシフトしていかなくては。
スポンサーサイト
[ 2007/05/22 18:52 ] 白点病 | TB(1) | CM(0)

銅イオン 二十三日目 

白点目視できず。

フレームエンゼルとヘラルドヤッコは、やはり嵐の前の静けさでした。
ヘラルドを隔離していたので一時的にフレームが優位に立っていたのですが、元々ヘラルドの方が若干大きいので、そろそろイーブンになってきたようで、デスロック内で争ってます。
それも、少し争って離れるのではなく、かなり長い時間体を押しつけあって力比べしてます。やはり、大きさが似通っているのがまずいんでしょうね。

スミレヤッコは順調に餌を食べてます。しかし、45mmは70mm近くあるヘラルドやフレームに比べると小さいですねえ。混泳出来るかな?

以前から持っていたLR、すでにデスロック化していたので、思い切って大きめのプラケースで水道水につけます。たぶん、このLRにシストが潜んでいて、90cm水槽に白点が蔓延したと思われるので、念のためです。週末に、本水槽の右側に組んでみます。
[ 2007/05/17 11:41 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 二十二日目 

白点目視できず。魚たちの痒がるそぶりも見られず。

フレームエンゼルとヘラルドヤッコ、争いがほぼ無くなりました。
収まったのか、嵐の前の静けさなのか?

いつも白点のことばかりでは面白くないので、今日はスミレヤッコについて。
餌は、朝晩与えていますが、朝は時間の関係で少量です。

夜帰宅して、シュアーSを与えます。
1回に5粒程度を連続3回与えると、食いが悪くなります。
しばらく間をおいて、1~2粒を食べるのを見計らって入れます。
食べるときに、クビを振るように食べ出したら、満腹が近いので、一粒ずつ慎重に入れます。
大体、20~25粒食べて終了。間をおけばもう少し食べるでしょうけど、さすがに時間がかかるので諦めます。

他の魚たちには、スミレヤッコの餌食い状態を見ながら、一度に20~30粒を入れます。争うように食べるのを横目で見ながら、スミレヤッコと交互に与えます。4~5回で食べるペースが落ちたら終了。大体10分程度です。朝は時間がないので3分程度になります。

以前は1日1回だったんですが、スミレヤッコが来てから1日2回の給餌に変更してます。効果のほどは判りませんが・・・。

[ 2007/05/16 08:36 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 二十一日目 

白点は目視できず。出るとしたら、明日くらいかな?

フレームエンゼルとヘラルドヤッコの争いは、今のところ小康状態。デスロックをフレームエンゼルが守っている感じ。

そろそろ、スミレヤッコの混泳も考えたいが、そうするには右半分にも岩組が要りますね。デスロック手持ち無く、あるのはLRなのでまだ入れることが出来ない。う~む・・・。
[ 2007/05/15 09:57 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 二十日目 

白点は目視できず。でも、油断せず銅イオンは0.3ppmをキープ。

フレームエンゼルとヘラルドヤッコの争いは少し緩和しました。
このまま落ち着くかどうか?また、スミレヤッコとの混泳はどうなるか?

フレームとヘラルドが争うのは、水槽にボスが居ないからなんでしょうね。
大きめ(10cm)位で、大人しい性格のヤッコをボスに据えれば落ち着くのだろうか?
パソニファなんて、良さそうな感じなんですが・・・。
[ 2007/05/14 09:43 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 十九日目 

実は昨夜、床砂を表層から5mmほど吸い取り、水道水でよく洗って戻すという作業をしました。それに伴い、海水も30Lほど換水。換水後、銅イオン濃度は調整しておきましたが、今朝計ると0.2ppmにまで下がってました。洗った底砂がまた吸ったのかな?0.3ppmになるように追加しました。

で、どっちみちここまで来たらついでなので、デスロックを配置することにしました。

100円ショップで購入してきたかごを適当にカットして伏せてみました。

20070513_0.jpg


それに、出来るだけ空間が空くようにデスロックを配置。
う~ん、相変わらず下手くそだw。
手前の隔離BOXには、ヘラルドを入れてます。

20070513_1.jpg


一応狙い通り、デスロック内にはかなりの空間があります。

20070513_3.jpg


ヘラルドをいつまでも隔離できないので、意を決して放流。
すると、デスロック内だけでなく、水槽中で凄まじい争い。
今回はフレームの方が優勢なようです。
おかげで、ヘラルドの尾びれがばらけ気味(画像では判りにくいですが)・・・。

20070513_5.jpg


争いはずっと続いてますが、どっちかがすぐに死ぬような事にはならないようです。しばらく様子を見て、対策を考えます。


追伸
夜に、トゲチョウが痒がるそぶりを見せました(涙)。
やはり、底砂をかき混ぜたのでシストから白点虫が出て、再寄生したようです。
銅イオン濃度が下がっていたので、0.3ppmに上げました。
今後基本的には底砂は触らない予定ですが、いつも再発の危険性があるのは嫌ですね。
予防手段(殺菌灯・オゾナイザー)を考える必要があるのかな?
[ 2007/05/13 11:04 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 十八日目 

今日で5日連続白点ゼロ。どうにか白点虫は魚体からは離れたようです。

もうしばらく様子は見ますが、この後どうするべきかなあ?
今のまま、デスロックも無いのでは、魚が落ちつかないでしょうし。

ただ、白点はシストの状態で水槽内にいるでしょう。死滅している可能性は低いと思います。従って、底砂の表層から2cm程度は、水道水で洗浄した方が良いでしょうね。しかし、この底砂を弄ったときが、最も白点が発生(シストから出る?)しやすいそうです。

以上の事を総合すると。
1.底砂の清掃。
2.清掃による白点の発生を押さえるために、銅イオン濃度はキープ。
3.デスロック配置(濃度はキープしたまま)。
4.この状態で1週間発生しなければ、完治と見なす。
5.炭・中和剤による、銅イオンの除去(最低2週間くらいは必要か?)。
6.無脊椎類(ヤドカリ・貝)とLRの戻し。

やはり本水槽で白点を大量発生させてしまうと、後々面倒です。
何とか白点を除去し、新しい魚は隔離水槽でクリーニングしてから投入するというパターンを定着させたいものです。


そう言えば、白点騒ぎで忘れてましたが、スミレヤッコが我が家に来て3週間です。
来て早々白点になるし、銅治療はされるしと、なかなかヘビーな環境でしたが、餌もよく食べて元気です。
まだ油断は出来ませんが、この調子で3ヶ月を乗り切りたいものです。
[ 2007/05/12 14:17 ] 白点病 | TB(0) | CM(2)

銅イオン 十七日目 

今日も白点はゼロ。4日連続です。
トゲチョウの透き通った尾びれ・胸びれを見ると快感です(笑)。

とは言え、あと1週間は油断せずに薬を入れます。
濃度が0.25ppmなので、少し追加。
[ 2007/05/11 22:49 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 十六日目 

白点ゼロが、三日続きました。
よしよしこの調子。だけど、まだまだ安心するのは早い。

濃度が0.2ppmになってたので、銅イオン追加。
油断するとすぐに濃度が下がりますね。
[ 2007/05/10 23:08 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 十五日目 

帰宅して魚たちを観察してみると、白点ゼロ。二日続きました。

とりあえずあと二日続けば短期的にはOKかな?
1週間続けば、治療完了とみなしていいでしょう。

スミレヤッコも元気に餌を食べてます。
[ 2007/05/09 09:57 ] 白点病 | TB(0) | CM(0)

銅イオン 十四日目 

帰宅して魚たちを観察すると、白点ゼロ(^o^)

濃度を測ると、0.25ppmを切ってる(◎_◎)
今朝は余裕が無くて濃度計れなかったんです。
慌てて銅イオンを追加して、0.3ppmに。

再寄生するなよ~。
[ 2007/05/08 22:44 ] 白点病 | TB(0) | CM(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。